QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
お問い合わせ

2016年06月21日

屋根軽量化工事費補助について(高砂市)

屋根軽量化工事費補助について


地震に備え、住宅の屋根を軽量化する工事に対する補助事業です。


1.お知らせ

  平成28年度のお申し込みは建築指導課までお問い合わせください。


2.対象となる方(概要)

  補助対象住宅を所有する市民(個人)であること。


  所得が1,200万円(給与収入のみの場合は、給与収入が14,421,053円)以下の方


  高砂市税を完納している方


3.対象となる住宅(概要)


  昭和56年5月31日以前に着工されたもの


  違反建築物でないもの


  簡易耐震診断で、評点0.7以上である木造戸建住宅等


  兵庫県住宅再建共済制度に加入していること又は加入すること、ほか


4.対象となる費用


  補助対象住宅の屋根を、非常に重い屋根から重い屋根、または軽い屋根に軽量化する工事、


  及びそれに併せて実施する耐震改修工事(総額50万円以上の工事に限る)


5.補助金の額


  定額50万円


6.注意事項


  (注意)補助金の交付決定を受けるまでは工事の契約をしないでください。


  補助金の交付は、工事の完成後となります。


  平成29年3月末までに完成させるようにしてください。


7.申込み手続き

  
  申込詳細については建築指導課までお問い合わせください。


  高砂市まちづくり部まちづくり推進室 建築指導課ホームページ


  http://www.city.takasago.hyogo.jp/index.cfm/16,49465,158,html


  
タグ :耐震補強


Posted by 株式会社澤田組 at 11:13Comments(0)リフォーム

2016年06月21日

地震危険住宅建替工事費補助事業について(高砂市)

地震危険住宅建替工事費補助事業について(高砂市)


耐震性が低い住宅について、耐震改修工事ではなく、建替えによって安全性を確保する


場合に補助する制度です。


1.お知らせ

  平成28年度の受付は以下のとおりです。


  申込受付期間 : 平成28年6月1日(水)から平成28年6月30日(木)まで

  
  募集戸数 : 2戸


  受付期間中に募集戸数を超える申込みがあった場合は後日抽選とし、以降の募集は締め切ります。


  受付後、内部審査を行い結果を通知します。


  募集戸数に満たない場合は再度募集を行います。


  募集戸数は、予算の都合や兵庫県との協議により変更することがあります。


2.対象となる方

  高砂市内に対象となる地震危険住宅を所有する個人で、現地で建替工事を意図される方

 
  ※住宅の所有者が市外に居住している場合にあっては、建替後の住宅に居住する場合に限ります。


  所得が1,200万円(給与収入のみの場合は、給与収入が14,421,053円)以下の方


  高砂市税を完納している方


3.対象となる住宅

  1)除去する地震危険住宅 

    昭和56年5月31日以前に着工されたもの


    違反建築物でないもの


    簡易耐震診断で、木造住宅の場合にあっては評点0.7未満、非木造住宅の場合にあっては安全性が


    低いと診断されたもの。


    所有者又はその2親等以内の親族が自己の居住の用に供するもの。


  2)新たに建築しようとする住宅

    違反建築物でないもの。

 
    申請者が自己の居住の用に供するもの。


    兵庫県住宅再建共済制度に加入していること又は加入すること。




4.対象となる費用


  建替工事費補の対象となる経費は、除却する地震危険住宅の除去費及び新たに建築する住宅の


  建築工事費とします。


5.補助金の額


  定額100万円


6.注意事項


 (注意)補助金の交付決定を受けるまでは除却や建築工事の契約をしないでください。


 補助金の交付は、新たに建築した住宅の居住後となります。


 原則として、平成29年3月末までに完成させるようにしてください。



7.申込み手続き


 申込詳細については建築指導課にお問い合わせください。


 高砂市まちづくり部まちづくり推進室 建築指導課ホームページ


 http://www.city.takasago.hyogo.jp/index.cfm/16,40758,158,html

      

Posted by 株式会社澤田組 at 10:58Comments(0)リフォーム

2016年06月21日

防災ベッド等設置助成事業(高砂市)

防災ベッド等設置助成事業(高砂市)のご案内


耐震改修工事ではなく、命を守る最低限の対策として防災ベッド等を設置する場合に


補助する制度です。



1.お知らせ


  平成28年度の受付は以下のとおりです。


  申込受付期間 : 随時受付


  募集件数 : 2件



2.防災ベッドとは


  防災ベッドとは、地震で住宅が倒壊しても寝室や睡眠スペースを守ってくれる装置です。


 既存の住宅内に設置し、住ながらの工事や、耐震改修工事に比べて短期間での設置も


 可能です。


 経済的な理由で大がかりな耐震改修ができない場合には、防災ベッドを設置することで


 命を守ることができます。


3.対象となる方


 対象となる住宅に居住している方


 所得が1,200万円(給与収入のみの場合は、給与収入が14,421,053円)以下の方


 高砂市税を完納している方



4.対象となる住宅


 市内に所在する昭和56年5月31日以前に着工されたもの(賃貸住宅を含む)

 
 違反建築物でないもの


 簡易耐震診断で、木造住宅の場合にあっては評点1.0未満、非木造住宅の場合にあっては


 安全性が低いと診断されたもの


 兵庫県住宅再建共済制度又は兵庫県住宅家財共済制度に加入する(予定)のもの



5.対象となる費用


 防災ベッド等設置助成の対象となる経費は、防災ベッド等の設置に要する経費とし、防災


 ベッドの設置に際して必要となる床の補強に係る経費を含むものとします。


6.補助金の額


 定額10万円


7.注意事項


 補助金の交付の決定を受けるまでは契約しないでください。


8.申込み手続き


 申込詳細については建築指導課にお問い合わせください。


 高砂市まちづくり部まちづくり推進室 建築指導課ホームページ


 http://www.city.takasago.hyogo.jp/index.cfm/16,40760,158,html



  
タグ :耐震改修


Posted by 株式会社澤田組 at 10:58Comments(0)リフォーム

2016年06月20日

ひょうご住まいの耐震化促進事業のご案内(高砂市)

ひょうご住まいの耐震化促進事業のご案内


兵庫県が実施する住宅の耐震化各種補助制度のご案内です。高砂市では、この補助制度を利用

して耐震改修工事を実施される方を対象に、上乗せ補助します。


1.お知らせ
高砂市が実施する上乗せ補助につきまして申請をお考えの場合は建築指導課までお問い

あわせください


高砂市が事業主体となる地震危険住宅建替工事費補助事業、防災ベッド等設置助成事業、屋根軽量化工事費補助

シェルター型工事費補助は該当リンクをご確認ください。


2.ひょうご住まいの耐震化促進事業の内容

 ひょうご住まいの耐震化促進事業の内容については、兵庫県のホームページをご確認ください。


 県事業分についても受付窓口は高砂市まちづくり部まちづくり推進室建築指導課となります。


3.高砂市の上乗せ補助の概要

 ひょうご住まいの耐震化促進事業の住宅耐震化補助のうち、住宅耐震改修工事費補助(木造戸建住宅に限る)を受けられる

 方に対して、その費用の一部をさらに上乗せ補助します。補助には一定の条件があり、規定の耐震診断や工事の契約・着工前

 に申請及び交付決定が必要です。

 ※ご注意ください


 工事を既に契約したり、着工(開始)した場合及び既に工事が完了した場合、この事業の対象となりません。


4.対象となる方

 対象となる住宅を所有する個人の方


 所得が1,200万円(給与収入のみの場合、給与収入が14,421,053円)以下の方

 高砂市税を完納している方


5.対象となる住宅

 市内に所在する昭和56年5月31日以前に着工された木造戸建住宅

 違反建築物でないもの

 簡易耐震診断又は建築士による耐震診断(一般診断法以上)を受けた結果、評点1.0未満のもの

 兵庫県住宅再建共済制度に加入する(予定)のもの


※ご注意ください


 交付の決定を受けた後に、工事の契約、着工(開始)を行ってください。交付決定前に契約、着工(開始)を行った場合、

 補助金を受けられなくなります。



6.対象となる費用


 安全を確保するための以下の耐震改修工事に要する費用の一部を補助します。


 安全性を確保するための、次の工事(附帯工事を含む)に要する費用


 1)柱、はり、壁、筋かい及び基礎の補強(地盤改良工事を含む)

 2)屋根の軽量化(下地材を含む)

 3)火打ち梁や構造用合板による床面の補強


7.補助金の額


 兵庫県 

  定額 30万円から最大100万円


 高砂市

 木造戸建住宅の他心改修工事を実施する費用で、最大が30万円

 ※兵庫県と高砂市を合わせると「住宅耐震改修工事費補助」が最大で130万円受けられます。

 ※高砂市の上乗せ補助は、対象が木造戸建住宅で、兵庫県の「住宅耐震改修工事費補助」のみの

  上乗せですので、ご注意ください。


 くわしくは、高砂市まちづくり部まちづくり推進室 建築指導課ホームページまで


 http://www.city.takasago.hyogo.jp/sp/index.cfm/16,30373,158,html  

Posted by 株式会社澤田組 at 16:45Comments(0)リフォーム

2010年07月27日

リフォーム工事


新着情報 リフォーム工事 工事の流れ 工事内容 お問い合わせ

暮らしを快適にするリフォーム。親切・丁寧に対応いたします。
水回り、内装工事、外壁塗装工事、外構工事、介護リフォーム等の工事を行っています。
お客様のご予算、ご要望に沿ったご提案をさせて頂きます。
どんな小さな工事でもご相談ください。

トステム(INAX、サンウェーブ)製品を中心にお取り扱いします。

※他メーカーでもお取り扱いできますのでご相談下さい。







リフォーム工事
リフォーム
室内リフォーム_ _  外壁塗装、雨漏り補修、外構工事、駐車場工事等
室外リフォーム_ _  クロス張替、畳、浴槽、洗面台、トイレ、台所等


介護リフォーム_ _  廊下、会談、浴槽への手すりの取付け等

リフォーム工事の流れ


【ご相談】  お客様のご希望、ご要望をお聞きした上で、現場の調査を実施します。
        現場の調査後、ご希望、ご要望に応じたご予算内にて提案させていただきます。


【ご契約】  プランはもちろんご予算、工期などすべてをお客様にご納得いただいた上で
        契約を結ばさせていただきます。

【責任施工】 工程表に基づき、常に確認・チェックを繰り返しながら、丁寧に工事を進めていきます。

【アフターメンテナンス】工事完成後は、細部にわたって最終チェックをしてからお客様にお渡し
                します。
                また、お引き渡し後何なりとご相談下さい。



リフォーム工事内容



 インテリア・建材
 
 壁材の張替、床材の交換、階段の手摺の設置
 ふすま、障子の貼替え、畳の表替え・新調など、
 システム収納など








  キッチン

  システムキッチンへの取替え
  機能を充実させたもの
  (IH調理器、食器洗い乾燥機、電動昇降吊戸棚)への取付








  バス、洗面台、トイレ

  ユニットバスの取替え、洗面台の取替え、
  トイレの改造(和式から洋式)など
  給湯器の取替え、取付け








  サッシ、窓、シャッター

  サッシ、網戸の交換
  出窓の取付け
  断熱、気密性、遮音性への機能向上させる二重窓への交換
  今ある窓にも取付けられるシャッターなど
  住宅エコポイントの対象製品






  玄関ドア

  色褪せて古くなった玄関ドアの交換
  防犯モニターの設置(防犯機能の向上)など









  屋根、外壁

  屋根材の塗装、葺替え、
  外壁材の塗装、吹き付けなど









  エクステリア

  ブロック積、カーポート、バルコニーの設置など
  フェンスの設置
  門扉の設置、交換
  駐車場の乗入れ工事など







  介護リフォーム

  廊下、階段、浴室への手摺の設置
  ・段差解消のためのスロープ
  ・すべり防止、移動円滑化のための床材変更
  ・引戸などへの扉の取替え
  ・洋式便器などへの取替え
  ・上記の改修にともなって必要となる工事













お問い合せ

【メールでのお問い合わせの場合】

土・日・祝日は休業日となります。
また、お問い合せの内容によっては、
回答に時間がかかる場合がございますので、お急ぎの方はお電話でご連絡ください。
(平日 営業時間AM9:00~PM5:00)


079-442-1497 0120-421-497 079-442-3224 mailでのお問合せはこちらから



  


Posted by 株式会社澤田組 at 16:58Comments(0)リフォーム