QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
お問い合わせ

2007年04月29日

基礎 ~配筋編~

掘削工事後、基礎を造って行く工程に入る前にコンクリートで平らに慣らします。

そして、コンクリートで慣らした上に、鉄筋を縦と横に並べて基礎配筋を組んで行きます。

鉄筋と鉄筋の間隔や、鉄筋の太さ、鉄筋の位置に注意しながら組んで行きます。




ここで少し豆知識・・・
鉄筋コンクリートは、どうして生まれたのでしょうか?
「鉄筋」と「コンクリート」は、性質の全く違っている二つの材料です。

コンクリート:砂や砂利、水などをコンクリートで凝固させた(固めた)人が造った石です。コンクリートは、引っ張られるような力に弱い。

コンクリートの引張りに弱い部分を鉄筋がカバーしているのが、鉄筋コンクリートと云う訳です。
※これ以上のことについては、専門的になって行くので勉強をしてみてください。


よって、基礎などの鉄筋コンクリートでは、鉄筋が適正な間隔で並んでいると、全体が均一に強い鉄筋コンクリートを造る要素の一つになります。



基礎の底盤の面積に応じて、配筋の間隔も変化したりしています。
上の写真の配筋の間隔と、下の写真の配筋の間隔が違いますよね。



また、鉄筋の組む場所によって、太さも変化します。


一般的に「直径13mm」の鉄筋を「D13」と言われます。


「直径10mm」の鉄筋を「D10」と言います。

これで、建築関係の方々の話をこれで少し理解できると思います。

でも、建築現場は危険がいっぱいなので、遊びに行かないようにパー
  

Posted by 株式会社澤田組 at 15:07Comments(0)各種新築・増改築工事

2007年04月26日

外壁選定

今回は、ご夫婦お二人で過ごされる住宅と云う事で、1階及び2階も各部屋をゆったりと生活が出来るプランになっています。

ダイニングキッチン 約12.5畳と居間 約7畳、各居室も約12.5畳+ウォークインクローゼット約2.5畳と約7.4畳+約4.5畳の書斎付きと云う、お二人が時間を大切に過ごせる家造り。

設計は神戸市長田区のFui工作舎 藤川建築士で、毎週「施主様」「藤川建築士」「澤田組」が集まり打合せを行っています。

そして、前回の打合せで外壁や屋根、玄関扉などが決定しました。

外壁のサイディングボードは一般的に使用されている16mm厚ではなく、
重厚感がありボードの模様の凹凸もはっきりとする21mm厚をご提案しパースも数点ご用意しイメージし易いように考えました。





H様ご夫妻も、16mmと21mmでは見た感じから全く違う事も理解して頂き気に入って頂いていました。

いよいよ竣工イメージも明確になって来ていると思います。

では、次回は現場の工程へ戻ります。  

Posted by 株式会社澤田組 at 12:20Comments(0)各種新築・増改築工事

2007年04月25日

掘削作業

柱状改良完了後は、いよいよ建物の一番大切な部分『基礎』に工事が入って行きます。
基礎の工程の中でも、様々な作業が流れていきます。



掘削 → 捨てコンクリート打ち → 基礎配筋 → 型枠 → 基礎コンクリート打ち

今回の掘削は柱状改良した柱に注意しながら作業を進めて行きました。
柱状改良の柱の直径約60cm

  

Posted by 株式会社澤田組 at 15:08Comments(0)各種新築・増改築工事

2007年04月23日

いよいよ着工

H邸がいよいよ着工しまいた。

今回の敷地は、何十年も家が建っていた場所ですが、GL-2.00m前後の地盤が粘性土で支持力がなく柱状改良を行う事に決まりました。



柱状改良とは、建物の基礎から地中深くにコンクリートの柱を何本も設置し、軟らかい地盤を通りこして、固い地盤層へ力を伝える方法です。



地盤面に出てくる表面を手作業できれいに仕上げて行きます。



表面の仕上げ後は、きれいな表面となっています。  

Posted by 株式会社澤田組 at 14:38Comments(0)各種新築・増改築工事