QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
お問い合わせ

2007年08月25日

壁 ~防水・断熱・通気編~

今回の記事も壁についてですが、壁の中身(内部)を見た事のある方は少ないと思います。

建築現場が近くにあっても、外側の下地等が貼り終えてから内部の工程に入るので、ご自身の家でないとなかなか見れないものです。

その様な壁の中身ですが、家で過ごす時間が快適になるように外の気温に部屋内が影響されないように、断熱材を敷き込みます。

※断熱材・・・熱が伝導や対流によって伝わることを防ぐものであります。冷暖房の効率化や熱を扱う様々な場所で使われます。



また、壁はいつも雨風にさらされる事になり、雨水の浸透を防ぐため工法に応じた防水措置を取らなくてはなりません。そして、通気構法で用いられるのが透湿防水シートです。

※通気構法・・・外壁内に通気層を設けて、壁の中の通気を可能にする構造のことを言います。



そして、シートは必ず重ね合わせが生じます・・・屋根のアスファルトルーフィングでも重ね合わせの長さが決まっていた様に、透湿防水シートでも決まっています。

基本は、縦・横ともに90mm以上となっており、横の重ね合わせは、外壁の仕上げによって150mmや180mmの場合もあります。



通気構法で外壁の仕上げ材と下地の間に空気層を作る事で、壁の中に空気が流れることとなり、湿気や水蒸気、熱などを有効に逃がすことになります。
また、外壁からの雨水が浸入して来ても、空気層内を流れて行きます。

その空気層の厚みも15mm以上設けるとなっています。



木材(胴縁(どうぶち))は、外壁材の留めやシートを押さえる為に設置していますが、この胴縁にも縦・横それぞれ設置の仕方がありますが、空気の流れを考えると縦が良いと思います。

壁の外側は、建築工事をしているところでは、見れますので通りがかった際などに見てみてはちっ、ちっ、ちっ  

Posted by 株式会社澤田組 at 12:25Comments(0)各種新築・増改築工事

2007年08月24日

壁 ~補強編~

今日は、壁の補強について書きます。

窓の下にフラワーボックスを設置する様になっており、そのフラワーボックスを外壁や下地では荷重を支えることが難しい部分がありますので、下地の内側に荷重を支ええる為に木材で補強をします。



そして、柱が無い場所には、縦に木材を設置します。



このように部分的に荷重がかかる場所には、全て補強を施して他の部材にかかる付加が大きくならないように分散して行きます。

※荷重・・・建築物に働く外力のことを言います。また、自然力と言っても良いです。荷重は主として主体構造によって支えられます。

常時荷重・・・建物自体の重さで固定荷重とも言う。また、人や物などの重さは積載荷重と言います。

臨時荷重・・・積雪の重量を積雪荷重。風による風圧を風圧力。地震の時の建物のゆれの力を地震力という。

その他にも、土圧・水圧、部材の膨張・収縮などを拘束することによって生じる応力、温度応力などがあります。

そして、荷重の方向にも鉛直荷重・水平荷重、荷重の広がりによっても集中荷重・分布荷重などと言う言葉もあります。

建物にどのような方向からどのような力がかかって来るのかによって、構造を検討したり補強を検討したりして行きます。
  

Posted by 株式会社澤田組 at 14:22Comments(0)各種新築・増改築工事

2007年08月22日

屋根

ブログの更新が1ヶ月以上滞ってしまっていました ガーン


前回は、外壁の下地と筋交いの工程について書きましたので、次の仕事は下地を終わらせていた屋根を葺く工程に入ります。

構造的な「筋交い」や「構造用合板の下地」を張り終わると、ようやく上に重量のあるものを乗せて行く事ができます。

下がしっかりとしていないのに、上に重い物を乗せると安定が悪いですよね ちっ、ちっ、ちっ

今回は瓦葺きで、数色の色を雑ぜて葺きました。







屋根の下地の上に桟(瓦を留める木材)を打ち、その上に一枚一枚瓦を打ち付けて行きます。





瓦を下(軒)から最頂部(棟)まで葺くと、棟の部分を被せて瓦の葺きは完了拍手

説明が簡単なのですが・・・



しかし、屋根は瓦を葺いてしまうと、歩き難くなり気を抜くと危ない場所です。



写真の影は私ですが、何度上っても足がすくんでしまいます ガーン  

Posted by 株式会社澤田組 at 16:34Comments(0)各種新築・増改築工事