QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
お問い合わせ

2007年10月31日

設備 ~ キッチン ~

設備の中で一番注目される部分が、キッチンだと思います。

特に奥様からすれば、自分自身しか分からないことなどが多く、ご主人に口出しして欲しくないテリトリーかもしれません ニコニコ

最近のキッチンは機能が充実している 拍手

また、デザインも様々あり、色も多くの悩まれる施主さんが多いと思います クレイジー

だから、キッチンは提案させて頂くことはしますが、ショールームに行き気に入ったキッチンから他の機能などをチョイスしてもらう様にしています ちっ、ちっ、ちっ

どうしてなのかは、キッチンは一日に何度も立ち奥様が楽しく料理できるのかどうかは、キッチンのチョイスに掛かっている部分も大きいので、ご自身で使い勝手などを一番に考えてチョイスすることが、大切だからです 拍手



一昔と比べるとキッチンの設置も楽になったものです。

出来上がった物を運び込んで並べて、固定するだけ・・・



キッチンの横にも同じような素材で仕切りを設置し、隙間をコーキングで処理・・・さすが職人技 拍手





奥様が満足されたキッチンの出来上がりは ↓



そろそろ各部分の仕上がりも掲載して行きますが、少し早くキッチンのみご紹介しますね OK

窓から光が差し込み、気持ちが良いキッチンに仕上がりました good  


Posted by 株式会社澤田組 at 18:56Comments(2)各種新築・増改築工事

2007年10月23日

壁 ~ クロス編 ~

部屋内の壁の仕上げには、様々な仕上げがあります ちっ、ちっ、ちっ

個人的には、木の素材をそのまま見せるような空間が好きなのですが、一般的に利用されているのはクロス張りという仕上げです。

内装の下地のボードとボードの境目をパテで埋めて、段差の無い一枚物のような下地にしその上にクロスを貼って行きます。

クロスとは、布クロス、紙クロス、ビニールクロスなどがあり、色柄が豊富で紙・布クロスと比較しても安価なことからビニールクロスが一番多く利用されている。

一時、クロスのインクに含まれる可塑剤や、クロスを張る時に使う接着剤にホルムアルデヒドが含まれていることが話題になり、シックハウス症候群の原因のひとつのようにいわれたが、現在はホルムアルデヒド対策の製品や、再生紙を使った製品、木材パルプを使わずにケナフという草の一種を原料にしたものなど、環境に配慮した製品も多数ありますので、ご安心ください。
しかし、製品や接着剤などはご確認されるのが良いと思いますよ ニコニコ

ホルムアルデヒド

シックハウス症候群


ボードとボードのパテをきれいに伸ばして、凹凸をなくす為に壁も天井もパテも削ります。



その後、クロスを張る作業へ入って行きます 拍手





壁だけではなく、天井も





空気を入れずに上手に張って行きますし、いつも関心するのが・・・カッターの使い方が上手なことですね ちっ、ちっ、ちっ

簡単そうにクロスを張って行きますが、やっぱり2・3年ではまだまだの世界で本当の職人さんは、クロスとクロスのつなぎ目やコーナーの仕上がりが全く違ってきますねgood



この様に足場を作りながら、天井などは作業されます 拍手

階段などの吹き抜けのような場所でも・・・ オドロキ



職人の皆さん、足元にはくれぐれもお気を付けてくださいね家  


Posted by 株式会社澤田組 at 15:55Comments(0)各種新築・増改築工事

2007年10月11日

壁 ~ 内装編 ~

建物の内側の壁を造っていく際に、まずは断熱材などを隠す為に板でふたをします。

板を張って行く前に、部屋毎に分けるために壁の位置に板を打ち付ける骨組みを造作します。この時に扉などの枠も一緒に設置する作業を行います。








下地は、一昔前まで木製の板が主流でしたが最近では石膏ボードや珪酸カルシウム板等が使われることが多いです。

どうしてなのか?

幅の広い薄い板は、後々反り易いので使われることが減っています ちっ、ちっ、ちっ

また、構造的なことを考えて構造用合板を使う場所や、カーテンレールやエアコンの設置位置等の負荷が掛かる場所には、ボードではなく構造用合板を下地に使うことをオススメします。ボードでは、重量のある物を掛けたり、設置する場合は、後々ネジ穴が大きくなりグラつく危険性があるからです。
ここで注意する点は、事前に何処に何を設置するのかと云うことを決めておくと良いでしょう ちっ、ちっ、ちっ

※水廻りなどで結露しやすい場所は、下地のボードが常に湿潤状態になる可能性がありますので、ボード下地は使わない方が良いですので、覚えておいてくださいね good





↑足で微調整をしながら・・・さすが職人さん OK



また、下地は板を並べて行きますので、板と板の隙間ができ最終の仕上げ後にヒビが入り易くなるので、隙間(板と板のつなぎ目)をパテ埋めしてから仕上げに取り掛かってきますので、次はその辺を パー  


Posted by 株式会社澤田組 at 13:58Comments(0)各種新築・増改築工事

2007年10月05日

壁 ~ コーキング編 ~

すごく久しぶりにブログを更新します。

気が付くと1ヶ月間放置してしまっていました。

申し訳ありませんタラーッ


さてH邸ですが、前回は外壁の設置方法などについて記事を書きましたが、今回はその外壁と外壁の隙間を埋める工程について少しちっ、ちっ、ちっ

サイディングとは、板状の物を張り合わせて行きます・・・と云うことは、外壁のサイディングとサイディングの間いは隙間が生じることになります。その隙間を埋める為の材料をコーキング材といいます。



↑外壁のサイディングとサイディングの隙間

コーキングは、水・気密を目的として使用され、経年劣化等でできたひび割れなどを埋めるたりすることに使われることもある。

また、建築現場では同義語とし使われる事が多いのが、「コーキング」と「シーリング」で、職人さんの年代などによってコーキングかシーリングかは厳密には決まっていないのが現状ですが、隙間への詰め材料をシーリング材と呼び、シーリング材全体をコーキング材と呼んでいたこともあり、シーリングを今でもコーキングと言うことがあります。



↑窓廻り  


Posted by 株式会社澤田組 at 14:41Comments(1)各種新築・増改築工事